クセノクラテス

Xenocrates

クセノクラテスの写真・肖像画

NoData紀元前4世紀の古代ギリシアの哲学者。カルケドンの生まれ。プラトン晩年の思想をピタゴラス派に近づけ、イデアと数を同じとして世界の生命原理を自己運動する数と考えた。三分法を好み、論理学・自然学・倫理学の3学科、天下・天・地上の3界、感覚・ドクサ・知の3知覚などをの区分けを試みた。道徳説においては知と徳、徳と幸福の一致を唱えた。

クセノクラテスの名言・格言