ディオゲネス

Diogenes

ディオゲネスの写真・肖像画

紀元前5世紀ごろの古代ギリシアの哲学者。アンティステネスの弟子で、ソクラテスの孫弟子。シノペ生まれ。犬儒派(キュニコス派)の思想を体現して犬のような生活を送った。『徳』が人生の目的であり、欲望から解放されて自足すること、動じない心を持つことが重要だと考え、肉体的・精神的な鍛錬を重んじた。知識や教養を無用のものとし、音楽・天文学・論理学をさげすんだり、プラトンのイデア論に反対したりし、プラトンから「狂ったソクラテスだ。」と評された。モニモス、クラテスなど多数の弟子を育てた。

ディオゲネスの名言・格言