イマヌエル・カント

ImmanuelKant

カントの写真・肖像画

18世紀プロイセン王国(ドイツ)の哲学者。ドイツ古典主義哲学(ドイツ観念論哲学)、超越論哲学の祖。批判哲学を提唱し、認識論において、いわゆる物事の見方が180度変わってしまう"コペルニクス的転回"をもたらした。

カントの名言・格言